アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

直帰も可能

絡み合う

風俗の求人には沢山の職種が載っていますが、デリヘルの魅力は何と言っても直行直帰が出来るというところにあります。
お店の事務所は大抵待機室になっているのですが、遠方に住んでいる場合などは待機している時間がもったいないので自宅待機することが出来るお店があります。
そういったお店の場合はお客さんから指名が入るとドライバーさんが自宅近くまで迎えに来てくれ、お仕事が終わったら事務所に戻らなくても家の近くまで送ってもらうことが出来ます。
他の職種だと送ってもらえるのは電車が出ていない時間帯だけだったりするのdすが、デリヘルだと比較的楽にお仕事に行って帰ってくることが出来るので、働きやすさは抜群です。

お店に入店するまで、そして出勤から家に帰ってくるまでの流れは概ねこんなところで、意外とシンプルなことがわかってもらえたかと思います。
どんな風に働いていくことになるのかわからないからこそ応募しにくく感じるものですが、実際一歩飛び込んでしまえば誰でも簡単に慣れることのできる流れなので、やってみたいという気持ちがあれば是非挑戦してみてください。きっと理想の働き方が出来るはずです。

いざお客さんの元へ

腰のタトゥー

体験入店を済ませてここのデリヘルで働いてみよう、と決め手入店を済ましたら、体験の時にもしたことだと思いますが、実際にそのお店のキャストとしてお客さんの元へ派遣されて、お仕事をこなしていくことになります。
風俗の求人ではデリヘルもホテヘルも箱ヘルも全て一緒に載っているので少しややこしいですが、ここで改めてデリヘルについて説明しておくと、これは派遣型のお仕事で、お客さんに指定された場所へこちらから足を運んで、そこで様々なサービスを行うというものになります。
ちなみにホテヘルは行き先がホテルと決まっていて、それ以外の場所にはまず向かうことはありません。
最後に箱ヘルですが、こちらは店舗型のヘルスなので、どこかへ足を運ぶ、ということはありません。

色んなお客さんの元へ派遣されていくと言うのは中々大変な部分もありますが、移動時間にゆっくりできたり、色んな人のお宅にお邪魔できるので毎回新鮮な気分でお仕事に当たることが出来ます。
サービス自体は他のヘルスと基本的に変わりないので、未経験の初心者でも簡単にこなすことが出来るので安心です。

体験入店でお店をみる

黒のネックレス

面接が受かったら、大抵の場合お店側から体験入店をしてみないか、と言われます。
体験入店というのは入店を決める前に職場体験をしてみて、それからそこで働くかどうかを考えることが出来るというものです。
いわばお店を値踏みする良い機会になると言えるのですが、同時にお店側からもお店の雰囲気と合っているかややる気はあるかなどを見られているので、採用されても体験入店であまりにそぐわないと思われると入店の話がなくなることがあるので少し注意が必要かもしれません。

デリヘルに限らず風俗の求人を見てみると大抵のお店でこの体験入店あり、という文字が記載されていることだと思います。
入店してから思っていたのとなんだか違うなぁ…なんてなるよりかは、入る前にどういったお店なのかわかった方がこちらも選択肢の幅が広がるので、是非体験入店をしてからそこで働くかどうか、自分に合ているかどうかを判断しましょう。